育毛アイテム

薄毛は生活習慣で治る?抜け毛の原因や育毛に繋がる生活習慣を解説!

・最近、頭皮の薄毛が気になる。

・生活習慣で薄毛は治すことが出来る?

 

このような悩みを解決する記事です。

 

この記事で分かる事

  • 生活習慣で薄毛が治る?
  • そもそも薄毛の原因とは?
  • 薄毛の改善にはAGA治療

 

「薄毛が気になるけど、生活習慣を変えたら治るんだろうか?」、「何が原因で薄毛になるのかくわしく知りたい」と思っているの人は多いのではないでしょうか。

 

薄毛には食生活や睡眠、ストレスなどが大きく関係しています。

 

薄毛をどうにかしたいとと思っている人は、まず、頭皮環境が悪くなる原因を知り、早めに対処しましょう。

 

そこで今回は、薄毛の原因や育毛に繋がる生活習慣を紹介していきます。

 

\いつまでも、フサフサの髪の毛を保ちたい方必見!/

育毛剤No.1ブランドが手掛ける【チャップアップサプリ】

 

生活習慣で薄毛が治る?

 

薄毛には食生活や睡眠、ストレスなどが大きく関係しています。

 

そのため、薄毛で悩んでいる人は、生活習慣を改善する必要があります。

 

AGA(男性型脱毛症)は日本人の約30%の男性がなるといわれていて、生活習慣の乱れによりさらに進行する可能性が高いです。

 

頭皮環境が悪くなる生活習慣を改善するためのポイントを6つ紹介していきます。

 

睡眠

 

まずは、睡眠の質を高めて成長ホルモンを分泌させることが大切です。

 

昼間受けたヘアダメージを回復させ成長させるためには、睡眠の質が大切です。

 

睡眠の質を高めるためには、寝具にこだわり、入浴でリラックスし、毎日同じ時間帯に十分な睡眠をとらないといけません。

 

育毛で大切なホルモンは、眠ってから2時間の間に1番多く分泌されます。

 

そして、そのホルモンを体全体にめぐらせるためには時間がかかるので、最低5〜6時間は眠りましょう。

 

人がすっきり目覚められる睡眠時間はそれぞれ違うので、自分に合った睡眠時間を見つけてください。

 

睡眠時間だけではなく、寝る前には入浴でリラックスしたりいい寝具で寝たりするのがオススメです。

 

入浴後は、副交感神経が刺激されるので、眠りやすくなり、睡眠の質が高くなります。

 

朝起きたときは、日光を浴びて体内時計をリセットしましょう。

 

体内時計は、毎日規則正しい生活をしていてもズレてしまうものなので、できるだけ日光を浴びる習慣をつけることが大切です。

 

食生活

 

2つ目は食生活で、育毛に必要な栄養素を取り入れることです。

 

髪の毛は、毎日の食事に含まれている栄養素から作られています。

 

育毛に効果的な栄養素をまとめてみました。

 

タンパク質 育毛促進 肉、魚、卵、大豆、乳製品など
ビタミン 血流促進、頭皮環境を整える 豚肉、レバー、大豆、野菜など
アミノ酸 髪の毛のもとになる 魚、ごま、鰹節など
亜鉛 髪の毛を作り抜け毛を防ぐ レバー、魚介類、パルメザンチーズなど

 

表にまとめた栄養素は食生活で取り入れるのが理想ですが、難しい場合はサプリメントがオススメです。

 

糖分や塩分、脂肪分などは頭皮環境を悪くしてしまうので控えましょう。

 

ストレス

 

3つ目は、できるだけストレスを溜めないことです。

 

ストレスを溜めすぎると、交感神経が刺激され頭皮の血管が収縮し、血行が悪くなってしまいます。

 

そうなると、育毛に必要な栄養素や酸素が届きにくくなり、ヘアサイクルが乱れ髪の毛が抜けやすくなります。

 

ストレスが多い現在社会では、ストレスを溜めないことは難しいですが、うまく発散していきましょう。

 

自分の好きなことに時間を使うだけでも違います。

 

喫煙

 

4つ目は、禁煙です。

 

タバコを吸っている人は吸っていない人よりも薄毛になりやすいといわれています。

 

なぜかというと、タバコに含まれているニコチンやタールは血管を収縮させ、育毛に必要な栄養素が届きにくくなるからです。

 

タバコを吸っている人が喫煙するのは難しいと思いますので、徐々に本数を減らしていくのがオススメです。

 

ヘアケア

 

5つ目は、正しいヘアケアをすることです。

 

正しいヘアケアをしていないと、頭皮にダメージを与えてしまい、薄毛に繋がるので気をつけましょう。

 

例えば、汗かきだからと1日に何度もシャンプーするのはよくありません。

 

洗いすぎると頭皮が乾燥してしまい、抜け毛に繋がるので、シャンプーは1日1回にしましょう。

 

疲れた日はスタイリング剤をついたまま寝ることもあると思いますが、これもよくありません。

 

スタイリング剤が毛穴につまり抜け毛に繋がるので、疲れていてもシャンプーしてスタイリング剤は洗い流しましょう。

 

シャンプーの後に、頭皮マッサージをすると血流がよくなるのでオススメです。

 

ブルーライト

 

6つ目は、ブルーライトです。

 

寝る前にスマホを見ている人はたくさんいるのではないでしょうか。

 

人は、朝目覚めてから14〜15時間後に睡眠ホルモン(メラトニン)を分泌し始めます。

 

メラトニンには、副交感神経を活発にして、体を睡眠状態に整えてくれます。

 

ですが、携帯を見てブルーライトが目に入るとメラトニンの分泌量が減ってしまい睡眠のリズムが乱れるのでよくありません。

 

睡眠の質が低くなることで、頭皮の血流が悪くなり薄毛に繋がることがあります。

 

そのため、寝る2時間前ぐらいにはスマホを見るのをやめて、暗めにしましょう。

 

そもそも薄毛の原因とは?

 

男性の薄毛の原因は、ほとんどAGA(男性型脱毛症)といわれています。

 

AGAは、遺伝や男性ホルモンによって、つむじや生え際のあたりが薄くなる脱毛症です。

 

年齢関係なく誰でもAGAになる可能性があります。

 

一度AGAになるとどんどん進行してしまうので、早めにで、対処することが大切です。

 

AGAになってしまうメカニズムを簡単に紹介していきます。

 

男性ホルモンのテストステロンは、男らしい体を作ったり向上力を高めたりする働きがあり、モテホルモンともよばれています。

 

ですが、テストステロンは、5αリダクターゼという還元酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という悪いの男性ホルモンに変わってしまいます。

 

DHTは、男性ホルモンレセプターと結合すると、TGF-βという脱毛因子を増やしてしまい、抜け毛が増えてしまうのです。

 

男性の薄毛の原因は、女性とは少し違います。

 

男性の原因は男性ホルモンですが、女性の原因は女性ホルモンの乱れです。

 

男性はつむじや生え際あたりが薄くなりますが、女性は全体的に薄くなります。

 

とはいっても、生活習慣の乱れが薄毛に繋がっているのは同じなので、生活週間を整えることは大切です。

 

抜け毛が増えてきた、抜け毛が細い、頭のにおいが変わったなどいう人は注意が必要です。

 

薄毛が進行している人や、薄毛になる可能性が高い人に当てはまることなので、すぐ対処しましょう。

 

生活習慣を整える以外では、育毛シャンプーがオススメです。

 

薄毛の改善にはAGA治療

 

薄毛を改善したいならAGA治療が効果的です。

 

AGAにはO字ハゲ、M字ハゲ、U字ハゲの3タイプがあります。

 

O字ハゲ:つむじから薄くなり、薄毛が丸く広がる。

M字ハゲ:左右の生え際から薄くなる。

U字ハゲ:生え際から薄くなりおでこが広くなる。

 

AGAの人は3タイプのどれかに当てはまる人や混在している人がいます。

 

紹介した3タイプに当てはまらない人は、AGA以外の脱毛症の可能性があります。

 

薄毛の原因によって治療法は違うので、薄毛で悩んでいる人は、まず専門のクリニックを受診しましょう。

 

AGAはどんどん進行してしまうので、放置していてもよくなりません。

 

AGAが進行するほど治療費が高くなってしまうので、早めに治療を始めるのがオススメです。

 

AGAの治療は、進行度に合わせて投薬治療をします。

 

主な治療方法は、内服薬、外用薬、注入薬(メソセラピー・HARG療法)、植毛の4通りです。

 

治療は、基本的に内服薬から始めることになります。

 

まとめ

 

薄毛を治したい人は、まず生活習慣を改善しましょう。

 

食生活や睡眠の質、ストレス軽減などを心がければ、頭皮環境がよくなるはずです。

 

同時にAGAの診断を受け、AGAの場合は早めに治療してください。

 

\いつまでも、フサフサの髪の毛を保ちたい方必見!/

育毛剤No.1ブランドが手掛ける【チャップアップサプリ】

-育毛アイテム

© 2021 薄毛と闘う!ハゲルーナ! Powered by AFFINGER5