薄毛、ハゲ、育毛の最新情報をお届けする髪の王国ハゲルーナ!

薄毛と遺伝の関係について・本当に遺伝なのか?

自分が薄毛だと、何が原因であるのかと知りたくなりますが、遺伝ではないのか?という説が大半を占めているよね。
本当に薄毛は遺伝するのかな?その詳しい遺伝と薄毛の関係について考えてみよう。

 

 

昔からハゲや薄毛は遺伝するって言われているけれど、実際自分の両親が薄毛だったら将来自分もああなるのか・・・と悩む人だっていると思うんだよね。
でもこの遺伝説は、解明されていないことが多くて、実際のところは隔世遺伝であるとか、遺伝で薄毛なのかは分かっていないようなんだよ。
ただ異伝に関して面白いことがあるとすれば、生まれてくる男の子は母親のDNAの影響を強く受けるっていうことで、一般的に母親に似ることが多いようなんだ。
だから母親が薄毛の場合、母親からその遺伝子を受け継いだことになるから、遺伝説と関係があるのかもしれないね。

 

 

ただ、男性型脱毛症というタイプによっては男性ホルモンによって起こる薄毛なので、遺伝とは関係ないかもしれないよ。
男性ホルモンの中のテストステロンというものが5αリダクターゼと結合することによって薄毛が始まるから、男性型脱毛症を起こしている人は遺伝というよりは自分のホルモンの影響を考えたほうがいいかもしれないね。

 

だから、薄毛の体質が母親から遺伝すると言われているんだよ。
薄毛が母方の遺伝のせいと言われるのも、女性は薄毛の原因になるホルモンを持っていても殆ど影響を受けることがないから、症状を実際見られるのはおじいちゃんや息子さんとかなんだよね、だから母方の薄毛が原因で自分も遺伝したって思っている人が多いんだよ。

 

それに薄毛の遺伝子って優性遺伝と言われている、強い遺伝子だから、薄毛が遺伝しやすいといわれている証拠にもなっているんだよ。

 

 

でも確かなところはまだあまり解明されていないから、それほど深刻に悩むことはないと思うし、最近では有効な育毛剤がたくさん出てきたっていうじゃないか。
だからそのようなものを取り入れて、自分で一生懸命育毛して、薄毛を改善していったほうがスムーズなんじゃないかと思うよ。

 

生活のリズムなんかもそうだよね、睡眠不足やタバコ、食生活なんかで薄毛が引き起こされるケースもたくさんあるから、まずはそれを改善していかないことには薄毛の解決もありえないと思うんだ。
今からやっておくことはたくさんあると思うよ、だから遺伝だからと落ち込まないで、やるべきことをやってから、考えてみるようにしようよ。